シェアする

「善い行いを成功へつなげようー積極行動主義、
フェミニズム、そしてあなた」

June's Proud To Be A Woman Talk - Letty Cottin and Josefinas

ニューヨークにある私たちの夢のフラッグシップストアで行われた参加者全員が女性の講演会に、作家であり活動家であり、Ms. MagazineとMs. Foundation for Womenの共同設立者でもある Letty Cottin Pogrebin 女史をお迎えしました。彼女の人生における物語を共有することで、生きることの意味、そして女性の力を尊重する意味を教えてくれました。

認識、調和、強さ-これら3つが女性に与える影響は?

思春期を迎えた頃にはもう仕事をしていたというLetty。限界や先入観など知らない強い力を秘めた女性へと開花したのも頷けます。まだシングルだったLettyは、長く、後に大成功を収めることになるキャリアを始めました。女性は結婚し、子供を産み、主婦でいることを求められていた時代の話です。

• 女性の権利が欠如しているということを認識することが最初の一歩

まず女性の権利についてより多くを知り、真の意味でのフェミニストになることがLettyにとっての最初の一歩でした。50年代、実社会において男性と女性が得られる機会に大きな差異があることにLettyは気づいたのです。この事実を受けてLettyは、彼女自身初の著書「How to make it in a man’s world(男性社会でどう渡り歩いていくか)」を執筆しました。大胆で古い概念にとらわれない内容の本でしたが、彼女は多くの女性に与えられていなかったその他の基本的権利をおざなりにしていたことにはまだ気づいていませんでした。後に、世界における女性の居場所について彼女が考え直す転換期が訪れたのです。

• 皆が調和することで世の中を変えることができる

初めての著書が出版された後、“The Ladies’ Home Journal”から女性コラムニストとして同誌に記事を執筆しないかと声をかけられたLettyは、このチャンスを利用して900万人ものフォロワーと共にフェミニストに関する問題をシェアする論議の場を築き上げました。そして彼女の旅はさらに続き、幾度となくNational Women’s Political Caucus(全米女性政治連盟)を立ち上げようとの話を持ちかけられました。彼女はこの時、社会政策が女性に与える影響と、社会的変化は人々の努力が結集した場合にのみ起こり得るのだということを実感したのです。

• フェミニズムは強く擁護されるべき運動

時を同じくして、世の中で起こっていることを伝えるため、そして変化を起こすことの重要性を伝えるためのツールとして、彼女はGloria Steinem女史と共に Ms. Magazineを立ち上げました。計画性と結集性のある確固とした意志がある限り誰でもこの世の中を変えられるという概念、フェミニズムは強く擁護されるべき運動だという考えをもってこの雑誌は誕生したのです。

Lettyは心も体もフェミニストとなりました。現状を認識し、多くの女性と結集することで自身を変え、戦ううえでたとえ同意を得られなくても確固たる意志を持ち続けること。それが、女性の権利を意味あるものにするためにたどるべき道の一つだと確信したのです。

6月に開催された女性の力が題目の講演もこちらからお楽しみいただけます。あなたの善い行いを世の中のすべての女性の成功へとつなげていきましょう 💗

June's Proud To Be A Woman Talk - Letty Cottin and Josefinas June's Proud To Be A Woman Talk - Letty Cottin and Josefinas June's Proud To Be A Woman Talk - Letty Cottin and Josefinas June's Proud To Be A Woman Talk - Letty Cottin and Josefinas
読み逃しがないよう
ジョゼフィナスのメールマガジンに
ぜひご登録ください
ジョゼフィナスのINSTAGRAMをフォロー
この製品を購入する
Aurora Yellow
171USD