ジョゼフィナスのスペシャルエディションYOU CAN LEAVEについて

一般的な服に「お手入れ方法」のラベルがついているように、私たち人間もまた、他人から傷つけられてしまわないように同じく「ケアする方法」が書かれたラベルをもつことがますます重要だと考えられるようになりました。

この考え方に基づいて、そしてジョゼフィナスは深い意味を持つ作品を生み出すことに情熱を注いでいるということから、近年増え続けている家庭内暴力という破壊的な行為に対して警告を鳴らし、そして家庭内暴力を撲滅するため、スペシャルエディションのYou Can Leaveを生み出しました。家庭内暴力のケースは増え続け、今では過去と比べても早い時期に起こっていることが明らかになっています。そして、より多くの人の命が奪われています。多くの場合、犠牲者は女性と子供たちです。

ジョゼフィナスは、5つのシンボルを記した3足のスニーカーと靴紐を生み出しました。それぞれにケアする方法がプリントされているため、恋愛感情、互いを思いやる気持ち、そして個性を尊重する気持ちがベースにあるべき関係を忘れずにいることができます。暴力のない関係、罪悪感のない関係、恥じない関係、脅しなどのない関係、束縛のない関係を築き上げることを心に留めておくためのシューズです。

それぞれのシンボルには深い意味を持つメッセージが含まれています。ジョゼフィナスは各シューズに命を吹き込みQRコードをつけることで、それが家庭内暴力に悩む女性の支援につながり、皆で苦しみを分かち合うことができると考えています。

スニーカーの1つにはQRコードが隠されていますが、これは暴力を伴う関係は多くの場合、沈黙や羞恥心を伴うという理由からです。このQRコードには、「You Can Leave」(あなたは立ち去ることができる)とのメッセージが含まれています。 暴力を受けた女性は加害者から立ち去ることができなかったかもしれません。女性は、虐待を伴う関係を断つまでに平均して5回から7回にわたりその関係を終わらせようと試みています。でもいつか必ず、永遠にその関係から逃げ出すことはできるのです。望みを捨てないで。

この支援活動は、ジョゼフィナスにとって大変意味のある活動です。これら3足のスニーカーのうちいずれか、もしくは靴紐を購入いただくことで、APAVやShe is Risingなどといった家庭内暴力の被害者支援を行っている団体への募金へとつながります。

スニーカーのうち2つは「ケアする方法」のシンボル以外にも、同じく深い意味がこめられた数字も記されています。

•世界の女性の10人に最大7人が人生のある時点で身体的虐待や性的虐待の被害を受けたことがあります
•家庭内暴力が犯罪とみなされない国で6億300万人もの女性が暮らしています
•家庭内暴力を最も受けやすい年齢は15歳から44歳までの間と言われています

あなたも耳を傾けて!そして、家庭内暴力について話しましょう。あなたにも家庭内暴力について声を出してもらいたいのです。先入観などは忘れて、現実から目を背けないで!被害者と同じ立場に立ってこそ、羞恥心でもがき苦しみ、抜け道などない自分は無意味だと考えてしまう被害者の気持ちを理解できるのです。でも、必ず逃げ出せるということ、抜け出せる道があるということ、誰も傷を負って生まれてきたわけではないということを知ることが大切です。苦しんだ後にも人生が待っています。新しい人生、素敵な瞬間を噛みしめていける、そんな人生が待っています!

家庭内暴力は当事者だけの問題ではなく、あなた自身、私たち全員にとってとても重要な問題です。女性の10人に最大7人が人生のある時点で身体的虐待や性的虐待の被害を受けたことがあるということ、この世に生きる女性の何割かは一生被害者であるということを忘れないでください。あなた自身が家庭内暴力を受けたことがなくても、家庭内暴力を受けたことがある女性や、まさに今家庭内暴力を受けている女性を知っているはずです。家庭内暴力は、年齢、宗教、社会的地位などを選びません。だから、あなたには絶対起こるはずがない、あなたが知る誰かに起こるわけがない、なんて決して思わないで。

誰かに伝えて!今すぐ誰かに語りかけて!

読み逃しがないよう
ジョゼフィナスのメールマガジンに
ぜひご登録ください
ジョゼフィナスのINSTAGRAMをフォロー