女性の10人に7人が身体的暴力や性的暴力の被害を受けたことがあります

女性は、虐待を伴う関係を断つまでに5回から7回にわたりその関係を終わらせようと試みています

家庭内暴力が犯罪とみなされない国で6億300万人もの女性が暮らしています

女性の4人に1人が妊娠中に身体的虐待を受けています

15歳から44歳までの女性は、癌や車の事故、戦争、そしてマラリアなどよりも、レイプや家庭内暴力の被害にあう可能性が高いとされています

女性の3人に1人はパートナーによって殺害されています

パートナーによる身体的もしくは性的虐待を受けた女性は、暴力を受けていない女性と比べて中絶する確率が2倍にも上ると言われています

女性に対する暴力は、社会的もしくは経済的状態によって引き起こされるものではなく、女性であれば誰でも暴力を受ける可能性があるのです

パートナーによる身体的もしくは性的虐待を受けた女性は、暴力を受けていない女性と比べて鬱病を発症する確率が2倍にも上ると言われています

You can leave

「あなた自身が家庭内暴力を受けたことがなくても、家庭内暴力を受けたことがある女性や、今まさに家庭内暴力を受けている女性を知っているはずです。目を背けないで。彼女たち自身の問題だと言わないで。実はあなたにも深く関係することなのです」

虐待について相談しよう:

The National Domestic Violence Hotline

‘Collections’: a collaboration between Josefinas x Jacqueline Bissett

For the first time ever, there are Josefinas t-shirts. And they support victims of domestic violence through ‘She Is Rising’.

Domestic violence is a crime that happens behind closed doors, with hundreds of thousands of women suffering in silence. ‘Collections’ tells the stories of three abused women, and reflect the most common excuses given to families and friends when bruises start to show – “I walked into something”, “I ran into a door”, “I fell down the stairs”.

‘Collections’ has the signature of British artist Jacqueline Bissett, well-known for her hand rendered fashion illustrations.

I Walked Into Something
90USD
I Ran Into A Door
90USD
I Fell Down The Stairs
90USD

虐待を乗り越えた女性をリーダーにしよう

She Is Risingと提携しています

$100

毎月100ドルの支援で、虐待を乗り越えた女性1人に対して指導、リーダーシップの開拓、そして教育の機会を与えることができます

$400

毎月400ドルの支援で、虐待を乗り越えた女性1人に対してトラウマインフォームドカウンセリングとライフコーチングを与えることができます

$500

500ドルの支援で、虐待を乗り越えた女性に対して週末に心身を回復するための静養の場、食料、シェルター、旅行費用を与えることができます

$1000

1000ドルの支援で、虐待を乗り越えた女性に対して1年間の指導プログラム、GED(一般教育修了検定)を終了するためのサポート、職業訓練、そして雇用機会を与えることができます

ジョゼフィナスでは売上1件につき30%を支援に充てています!

Leave
358USD
Speak
358USD
Strong
358USD
Shoe Laces
19USD

Josefinas
You Can Leave Shoe Laces

このスペシャルエディションの靴紐を購入すると、非営利団体She is Risingを通じてDVの被害にあった女性を助けることができます。ジョゼフィナスは、虐待を乗り越えた女性をリーダーにするための支援を行っています。靴紐にはそれぞれ5つのシンボルがプリントされています。束縛、罪悪感、脅迫、羞恥心、暴力にノーと言おう。#proudtobeawomanのハッシュタグも。誇りをもってこの靴紐を使ってください。